湯ノ湖

  • 釣り場情報
  • 口コミ(3件)
住所
栃木県日光市湯元官有無番地
Tel
0288-62-2524
営業時期
5月 ~ 9月
営業時間
7:00 ~ 17:00
定休日
無休
釣り場の形態
自然湖沼
釣り方
ルアーフライテンカラ・えさ釣り
対象魚
ニジマス・カワマス・ヒメマス・ホンマス
施設
駐車場・レストハウス・レンタルロッド(1000円)・えさ釣り用竿(1000円)・えさ(200円 ~)
料金
舟釣り
1日券
解禁日・4600円
5/2 ~ 5/31・3600円
6/1 ~ 9/30・2600円
午後券
5/2 ~ 5/31・2700円
6/1 ~ 9/30・2000円
岸釣り
1日券
解禁日・3600円
5/2 ~ 5/31・2600円
6/1 ~ 9/30・2000円
午後券
5/2 ~ 5/31・2000円
6/1 ~ 9/30・1500円
URL
地図

周辺の宿泊施設・ホテルを探す(外部サイト)

アクセス
『車でのアクセス』
日光宇都宮道路・清滝ICより約25km(約40分)
特徴
かつて、奥日光には魚がすんでいなかったと言われています。
華厳の滝の下流から、イワナヤマメなどを人の手で移植したことによって、釣りができるようになりました。
明治期、避暑に訪れたイギリス商人トーマス・グラバーが、戦場ヶ原を緩やかに流れる湯川の姿が故国のイギリスに似ていることから、領事館の協力により、明治35年にアメリカからカワマス(ブルック・トラウト)の卵25,000粒を取り寄せてふ化稚魚を放流しました。
以来、湯ノ湖と湯川は皇室の財産として管理され外国高官のマス釣り場として利用され、今日に至ります。
日本で初めてカワマスが放流され、イギリス式の釣りが伝えられたことから、日本におけるフライフィッシングの聖地とも言われています。
ルール
注意事項
【湯ノ湖・湯川の共通ルール】
①生死にかかわらず、魚は持ち込まないこと。
②マス類は、全長15㎝以下の小型魚をリリース(その場に再放流)すること。
③釣り券は、帽子や肩、背中など、遠くからも見える場所に付けること。
④釣り券の「払い戻し」や「再発行」、「貸し借り」、「譲渡」、「転売」は禁止です。
⑤「サビキ仕掛け」、「枝針仕掛け」、「撒き餌」、「寄せ餌」、「活きた魚」の使用は禁止です。
⑥キャストする時は、周囲の安全を確認して行うこと。釣り糸や釣り針が枝などに絡まないよう留意し、絡まった時は取り除くこと。
⑦脚立や竿掛けなどで “場所取り”はしないこと。設置されたものは撤去させていただきます。
⑧草木や川虫などを採らないこと。
⑨ゴミは捨てないよう、釣り場の美化に努めること。
【湯ノ湖ルール】
①湯ノ湖からの、魚の持ち帰りは1人20尾まで。ただし、活きた魚の持ち出しは禁止。
②竿の使用は、一人2本まで。
③舟は、貸し舟のみ、持ち込みは禁止です。貸し舟に、エンジンやモーターを取り付けることも禁止です。
④舟釣りでは、乗員全員がライフジャケットを着用すること。
⑤フローターチューブの使用も禁止です。
⑥トローリングは禁止です。