養沢毛鉤専用釣場

  • 釣り場情報
  • 口コミ(5件)
住所
東京都あきる野市養沢103−1
Tel
042−596−5108
営業時期
3月 ~ 10月
営業時間
6:00 ~ 日没
定休日
無休
釣り場の形態
渓流
釣り方
フライテンカラ
対象魚
ニジマスブラウントラウトヤマメイワナ
施設
駐車場・レストハウス
料金
大人(高校生以上)
1日券・4500円(お持ち帰り10尾まで)
午後券・3000円(お持ち帰り5尾まで)
小・中学生
1日券・2500円(お持ち帰り10尾まで)
午後券・1500円(お持ち帰り5尾まで)
※小・中学生の方は大人同伴でお願いします。
URL
地図

周辺の宿泊施設・ホテルを探す(外部サイト)

アクセス
『電車でのアクセス』
JR五日市線・武蔵五日市駅から、上養沢行きバス・本須(もとす)下車、徒歩100m
『車でのアクセス』
圏央自動車道・あきる野IC、日の出ICから約20 ~ 30分、中央自動車道・八王子ICから約40分
特徴
養沢毛鉤専用釣場は、1955年アメリカ人の法律家でありGHQの法務部に所属していたトーマス・レスター・ブレークモア氏(1915〜1994)が、養沢川の清らかな流れに惚れ込み、故郷オクラホマで親しんだフライフィッシングを楽しむために、自己資金で川を借り上げて魚を放流し、毛鉤専用の釣場を開業したのが始まりです。
本須より上流を眺める.JPG釣場開設当時の現管理事務所付近最初のオープンは1955年6月1日のことでした。
その後運営は養沢地域に委ねられ、現在は社団法人として養沢地域全体で管理運営を行い、売り上げの一部は地域住民の自治会運営や、清流を守るための落葉樹の植林、環境整備などに使われています。
釣場の区間は約4km。区間の中には穏やかな里川、荒々しいフリーストーン、静かな山岳渓流などいろいろな雰囲気の流れがあります。
区間内には数カ所の駐車場とトイレがあり、川への主な降り口には1番から26番までポイント名が記載された小さな看板を設置してあります。
一日ですべての区間を釣るのは無理なので、どうぞ慌てずにゆったりお楽しみください。魚はどの区間にもまんべんなく放流されています。
ルール
注意事項
『ルールとマナー』
●ルール(必ずお守りください)
1.釣法はフライフィッシング、テンカラ釣りに限ります。
フライフィッシングはフライラインを使用し、シングルハンドロッドに限ります。
テンカラ釣りは、仕掛けの長さが竿の全長よりも長いものに限ります。
(竿の長さより短い仕掛けを使った通称「チョウチン釣り」は禁止になりました)
2.フィールドにお持ち込みできるロッド(竿)は1本、1つの仕掛けにつけられるフライ(毛鉤)は1本です。枝ばり、ドロッパーの使用は禁止です。
3.ルアー、餌、ワーム、ソフトベイト、集魚材、カラバリの使用は禁止です。
4.バッジは見えるところにお付けいただき、お帰りの際管理事務所にご返却ください。
5.お持ち帰りいただける尾数は、ニジマスヤマメ合わせて1日券で10匹まで、午後券で5匹までとさせていただきます。
6.危険防止のため、必ずバーブレスフック(カエシのないスレ針)をご使用ください。
バーブ(カエシ)付きの場合はバーブ(カエシ)をペンチで潰してください。
ペンチは管理事務所に用意してございます。
7.キャスティングの際は必ず周囲を確認して危険防止に努めてください。
8.犬やペットを連れて入渓(川に入ること)はできません。
9.管理事務所下の堰堤より下流、支流の宝沢、鏡沢、御岳沢、大岳沢は釣場区間外となり、別途秋川漁協の遊漁券が必要になります。
10.道路は、バスも通りますので駐車場以外への駐車はおやめください。
●マナー(気持ち良い釣り場のためにご協力をお願いします)
1.タバコの吸い殻、不要になった釣り糸、ゴミなどは釣場に捨てずに、お持ち帰りください。
2.後からくる釣り人のために、なるべく水に入らないようにお願いします。
3.ポイントに入る際は、他の釣り人となるべく距離おき、追い越す際は声をかけましょう。
4.ポイントの移動は下流から上流への釣り上がりが基本です。
5.持ち帰らない魚は、ダメージを与えないようにリリースしましょう。
川原にズリ上げる、乾いた素手で掴む、タオルやネット越しに掴む、投げ込むなど、魚体を傷めることは避けてください。
6.釣り人の後ろを通るときは、自分が釣られないように声をかけましょう。
7.お持ち帰りになる魚は川では捌かないようにお願いします。
管理事務所に専用の洗い場がございますので、こちらをご利用ください。
※当釣場は管理釣場のため、一般渓流より多くのお客様が入渓されます。魚はどのポイントにもまんべんなく放流してあり、他の釣り人より先行しないと釣れないということはありませんので、一般渓流のように先行者優先にとらわれず、追い越すときは声をかけ、後から来る人のためになるべく水に入らないことなどを心がけて、譲り合って楽しくお過ごしください。