管理釣り場入門

管理釣り場について

管理釣り場とは、人工的に池や川を作ったり、川のある区間を区切ったりしたところに魚を定期的に放流し、料金を払って釣りをする釣り場のことを指す。自然の環境を残しながらも、トイレやレストハウス、売店、魚の処理場などの施設があり、比較的軽装で気軽に釣りを楽しむことができるため、釣りを始める環境としては十分で、客層は熟練した釣り人から会社でバーベキューを兼ねて利用する人まで様々である。

フライタックルの選び方

管理釣り場で使用するフライタックル選ぶにあたり、まずどんなタイプの管理釣り場で釣りをしたいのか確認してみよう。
ここでは大きく渓流タイプ、ポンドタイプの2つに分けて簡単に説明する。

ルアータックルの選び方

管理釣り場で使うタックルは、基本的に管理釣り場用に設計されたタックルを選ぼう。管理釣り場にいる魚たちは渓流や湖にいるネイティブの魚とは違う性格、習性を持ち、とても繊細なのでネイティブ用のタックルだとオーバータックルになってしまうためである。