魚図鑑

ニジマス

【分類 サケ科タイヘイヨウサケ属】
ニジマス (虹鱒、学名:Oncorhynchus mykiss、英名:Rainbow trout)は、サケ目サケ科に属する淡水魚。原産地は、太平洋東岸(アラスカ、カナダ、アメリカ)とカムチャツカ半島からの外来種である。食用魚であり、釣りの対象にもなる。
体全体にはっきりした黒点があり、エラから尾びれにかけての体側部に赤から赤紫色の模様があるのが特徴。繁殖期のオスに現れる婚姻色として、非常に見事な虹色の光沢が発色し、それが名の由来ともなっている。仏語ではトリュイット・アルカンシエル (truite arc-en-ciel)。

ブラウントラウト

【分類 サケ科タイセイヨウサケ属】
ブラウントラウト(学名:Salmo trutta)は、サケ目 サケ科に属する魚で、3つの型からなる。河川型 (fario)と 降湖型 (lacustris) はブラウントラウトと呼ばれ、降海型 (trutta )はシートラウトと呼ばれる。別名:ブラウンマス、茶マス、茶色マス等。

ブルックトラウト

【分類 サケ科イワナ属】
ブルックトラウト(学名:Salvelinus fontinalis)は、サケ目サケ科の魚である。別名カワマス。英語では一般的に「brook trout」、ときに「eastern brook trout」、「Adirondack coaster lake trout」、「speckled trout」とも呼ばれる。スペリオル湖で回遊する個体は「coaster trout」或いは単に「coasters」と呼ばれる。マスと称されてはいるが、ブルックトラウトはレイクトラウト、ブルトラウト、オショロコマなどと共に実際はイワナの一種である。

ヤマメ

【分類 サケ科タイヘイヨウサケ属】
ヤマメ(山女魚、山女)は、サケ目サケ科に属する魚であるサクラマスのうち、降海せずに、一生を河川で過ごす河川残留型(陸封型)の個体のこと。北海道から九州までの川の上流などの冷水域に生息する。

イワナ

【分類 サケ科イワナ属】
イワナ(岩魚、鮇)は、サケ目 サケ科 イワナ属の魚。分類上は、イワナ属のうちの1種にイワナという和名がつけられているが、近縁種のオショロコマも含めて広義のイワナとして扱われることが多い。ここではイワナ、オショロコマを含むイワナ属の魚を総称して、イワナ類と呼ぶ。

サクラマス

【分類 サケ科タイヘイヨウサケ属】
サクラマス(桜鱒、 O. masou )は、サケ目サケ科に属する魚。ヤマメ、アマゴは、それぞれサクラマス、サツキマスの河川残留型(陸封型)に対する呼称である。太平洋北西部を中心に分布するが、北から順に、オホーツク海沿岸から朝鮮半島・北日本まで分布する。いくつかの亜種が知られ琵琶湖のビワマス、南日本・西日本のサツキマス、台湾のタイワンマスがいる。名前の由来については、桜の花の咲く頃に漁獲されるからや産卵期の婚姻色と諸説有ある。

オショロコマ

【分類 サケ科イワナ属】
オショロコマ Salvelinus malma は、サケ目サケ科に属する魚。カラフトイワナとも呼ぶ。イワナと比べると、さらに寒冷気候に適応した種である。世界では、オショロコマ(同名亜種)、ミヤベイワナ S.m.miyabei、サザンドリーヴァーデン S.m.krascheninnikova の3亜種が知られる。ここでは、同名亜種のオショロコマ Salvelinus malma malma について述べる。

イトウ

【分類 サケ科イトウ属】
イトウ(伊富、伊富魚、伊当 学名 Hucho perryi)とはサケ目サケ科イトウ属に分類される淡水魚である。別名はイド、チライ、オビラメなど。日本最大の淡水魚として知られており、体長は1mから大きいものでは1.5mに達する。記録上最大のものでは、1937年に十勝川でおよそ2.1mのイトウが捕獲されたことがある。

銀鮭

【分類 サケ科タイヘイヨウサケ属】
ギンザケ (銀鮭、学名:Oncorhynchus kisutsh、英名:Coho salmon, Silver salmon)は、サケ目サケ科に属する魚。
天然では沿海州から千島列島、カリフォルニア州にかけての北部太平洋地域に生息し、北海道の河川には遡上しない。外観は白鮭に似ているが、肌目が銀色で背部から尾にかけて小さな黒点を有することが特徴。 地方名:ギンマス。